簡単に受けられるHIV検査の気になる中身

女医

心に安心を得るために

考える男女

性病検査は、全国にある保健所や保険センター、専門病院などで受けられます。性病検査を受けることで、感染の有無、治療法などを聞くことができます。東京には優れた専門施設が数多く見られます。

もっと詳しく

2つの検査方法

診断

性病検査の方法は、専門施設に受けに行くという方法と、専用の検査キットで受けるという方法の2つの方法があります。どちらにもメリットや注意点があるので、自分に適した方法を選びましょう。

もっと詳しく

保健所でのエイズ検査

ドクター

保健所でのエイズ検査は、とても簡単かつスムーズな流れで進んでいきます。ただ陽性であった場合、保健所では治療そのものが出来ないので、専門の病院を紹介してもらう流れとなります。

もっと詳しく

検査キットを使った検査法

診察室

HIV検査を自分で簡単に行なう方法があります。「HIV検査キット」と呼ばれるアイテムを使うという方法です。結果が出るまでの流れもとてもシンプルです。キットを使って自宅で検査を行ない、その内容を専門機関に郵送し、あとはその結果を待つだけです。この流れを具体的に説明します。まず、HIV検査キットを通して購入します。通販会社によっては即日発送してくれます。キットが到着したら、採血器具を使って、血液を採取します。それをキットに同梱されている返信用封筒に同封し、ポストに投函しましょう。返信用封筒には検査申込書も忘れずに入れておきましょう。あとは検査結果を待つだけです。結果は大体1週間前後で届くでしょう。陰性であれば、早ければ翌日に検査結果が届きます。もし陽性であることが分かったら、直ちに専門の病院に治療に検査に行きましょう。

HIV検査は全国の専門病院で受けることができます。保健所でも受けられますが、検査結果の信頼性を比較すると、やはり病院のほうがやや上であると言えます。また保健所と違い、いつでも検査を受けに行けるというメリットがあります。陽性であった場合、すぐに治療を施してもらえます。これも大きなメリットと言えるでしょう。病院で検査を受けた場合、検査費が発生します。性病に関する症状が結果に見られたら保険が適用されますが、逆にそれに該当しなければ保険が適用されなくなります。そうなると、検査費用がやや高く付いてしまう可能性があります。十分な費用を用意できるのであれば病院での検査が最適ですが、お金をなるべく抑えたいという人は保健所の方が向いているかもしれません。